しみやそばかすといった肌のトラブルの役に立つ治療法を知っておこう

女性

思春期の残り

ドクター

思春期や成長期にニキビに悩む人はたくさんいます。こういったニキビや吹き出物をきちんとした処置を行なわず、自分で潰してしまうと顔の傷跡が残ってしまうことがあります。こうしたニキビ跡を隠すためにメイクでカバーしたりするのですが、カバーをしている分多く化粧品を使ったり、メイクを厚くすることが肌の負担になる場合があります。メイクも間違った方法で施すと、しみやそばかすの原因となってしまうのです。また、食生活でもしみやそばかすはできてしまいますが、この場合はしっかりとした健康管理で改善が見られるため、メイクなどでできてしまったしみやそばかすに比べるとかんたん治すことができるでしょう。こういったニキビ跡を隠すためにメイクを施すと悪循環に陥りやすくなりますが、これらを改善できる方法が美容外科には数多く存在しています。一般的はレーザー治療を行ないますがもっと手軽に行なうことができるのがビタミンCイオン導入になります。
ビタミンCには老化を防ぐ抗酸化作用もあり、さらに肌のターンオーバーといった再生を促す作用もあります。このビタミンCをイオン電流で肌に効率よく吸収させる治療法がビタミンCイオン導入になるのです。本来、しみやそばかすができてしまった肌の部分は皮膚の下に位置しますので美容液やスキンケアでは届かないのですが、このイオン電流によって細胞を刺激しつつビタミンCを効率よく摂取できるようにしています。ビタミンCが肌に直接吸収されればニキビ跡も自然と薄くなっていき、メイクでカバーする必要がなくなればそれが原因でできるしみやそばかすもなくなるという方法です。また皮膚の生成を促すことにより、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーも行なうことができるため、皮膚がんのリスクを下げることにもつながります。レーザーのような機械を使わず、なるべく自然に消えてほしいといった方に多く処置されており高い人気と評判を集めています。また、この効果は持続的に続きますし、短期間で肌のトラブルを改善させることができるのも評判になっています。多くのスキンケアを試しても改善がないといった方にはこれらの処置を行なってみるのもいいでしょう。人それぞれ体質などがあるので、処置を行なうときに担当の先生と相談をしていき、今後のスキンケアについてアドバイスをもらうといいです。